洗顔石鹸の効果を最大限に発揮するために心がけたい4つのポイント

洗顔石鹸を気軽に使ってもらえるように、3ステップにしてまとめました。洗顔の情報を収集しているの人に、何か少しでも伝わればうれしいです。 - 洗顔石鹸の効果を最大限に発揮するために心がけたい4つのポイント

洗顔石鹸の効果を最大限に発揮するために心がけたい4つのポイント

洗顔石鹸は洗浄力が強いものが多いので、お肌に優しいタイプを選ぶことがとても大切ですが、ただ優しいものを選んだだけでも効果はでません。
洗顔石鹸を使用するときにより効果を求めるならば使用方法で心がけなければならないポイントがいくつかあります。

1、温度

洗顔をする際に温度はとても重要です。お肌は汗と油を自ら出して、それが元となり「皮脂膜」という天然の保護クリームを作ってくれます。しかし、お水の温度が熱いと必要な皮脂まで奪ってしまうので乾燥に傾いてしまいます。ベストな温度は水に近いぬるま湯です。

2、泡の硬さ

泡は硬ければ硬いほどキメが細かくて吸着力がよいので硬さも重要です。体も顔もゴシゴシしても汚れは落ちません。泡立てネットを水で濡らし、一度ネットの水分を払ってから洗顔石鹸を泡立てます。硬くて重みがある状態ができたら良いです。

3、泡の量

顔皮膚でも厚い部分と薄い部分があります。おでこやティーゾーンと言われる鼻から顎にかけての部分は一番皮膚が厚く、次に頬、目元と薄くなっていきます。厚い部分はバスタオルくらいの泡をのせ、頬はハンドタオルくらい、目元や口元はガーゼの薄さくらいの泡でせんがんしましょう。この時ゴシゴシはダメです。手と顔のの間に泡があるのを感じてプッシュする程度の洗い方がベストです。

4、タオルも大事

丁寧な洗顔が終わると最後はタオルで吹きます。このときに硬いタオルで拭くのとふわふわのタオルで拭くのでは全然肌へのアプローチが違います。ふわふわのタオルを使用しましょう。

Copyright(C)2016 www.jacksheldon.com All Rights Reserved.